ものを書く日々

企画から取材、執筆までやるライターわかりお。このブログでは書評中心に書いていきます。

日本一敷居の低い文壇バーに行ってみた

平成が令和にうつりかわった年の ゴールデンウィークのことです。

この年のゴールデンウィークはなんと10連休。

正直、フリーランスにとっては痛手です。そんなに連休いりません。

ひますぎるし収入もないからお金も使えないしでごろごろしていたわたしは、ふと思い立ちました。

 

そうだ、文壇バーへ行こう。

文壇バーへ行って、本を読み、ものを書く人、編集する人と話をして知見を得よう。

 

f:id:lalecture:20190517184517j:plain 

 

というわけで、日本一敷居の低い文壇バー「月に吠える」へ行ってきました。

場所は新宿ゴールデン街

新宿ゴールデン街とはなんぞや?と思いつつ行くと、レトロなバーが並んでいる界隈でした。

 

新宿なれした友達にラインすると、「え。わかりおゴールデン街とか行くの?」とびっくりされましたが、その理由はいまだにわかりません。

個人的には歌舞伎町より居心地のよさを感じました。歌舞伎町もあまり行ったことがないけどね。

元彼は歌舞伎町の交番で警察官をしていたなあ、とはるか昔のことを思い出しつつ18時半に張り切って「月に吠える」の扉を開けました。

 

あ、開店19時からです

 

わかりおさん、張り切りすぎて開店時間を誤解していたようです。

感じの良さそうな店番のお兄さんにやんわりと言われ、その後19時までゴールデン街をうろつきました。

 

19時ぴったりに入店。

開店時間だったので、お客さんはわたしと友達だけでした。

バーテンダー(このバーでは曜日ごとに「店番」がいるそうです)さんを取り囲むようなカウンターの作りで、1人で来てもここならぼっちになることはないな、と安心しながら席につきました。

カウンターにはお酒の他に数々の本も置かれています。マスターのお気に入りの本が並べられているようで、奥には本棚もありました。

 

感じの良い店番のお兄さんとしばし歓談。

店番さんはライターさんで、わたしたちが出店しようとしている「文学フリマ」にも出店経験があるとのこと。いろいろ教えてくれました。

f:id:lalecture:20190517184630j:plain

文壇バーなので、文学に関係のある名前のお酒がたくさんあります。

これは迷わず頼んだ「印税生活」というお酒。

浮かんでいる金粉が印税のようです。

小学生の頃からの夢なんです。印税生活。

今から思えばいやな小学生やな。

 

30分くらい経つと、お客さんがどんどん増えてきました。

常連さん半分、初めての人が半分ぐらい。早い時間から満席になりましたが、もしかするとゴールデンウィークだったからかも。

 

お客さんや店番さんと話すのも楽しいですが、お酒を飲みながら読書もできそうです。その中に「月に吠える」マスター肥沼さんの著作があり迷わず購入しました。

 

f:id:lalecture:20190517185003j:plain

 

フリーライターとして食べていくには何が必要かがタイトルのとおり書き連ねられています。企画や取材のことなども書かれていて参考になりました。

すごいと思ったのは著者の肥沼さんがライターとしてデビューする前に、自ら興味を持った人に取材をし、ブログにあげていたという話。

もちろんブログなので収入になりません。でも、それは間違いなくポートフォリオとして営業活動のタネにはなります。

そうやって仕事を広げていったマスターの話はとても参考になり、翌日一気読みしました。

 

そういえば「一気読み」というのは読書好き界隈ではよく使う言葉ですが、日本語として正しいのでしょうか。

正しくない気がします。まあいいや。お酒の席だし。

 

店番の方はライターさんでしたが、お客さんの職種は多種多様でした。これも「日本一敷居が低い」と言われるゆえんなのかな。

 

「ゆえん」という言葉も最近聞かないですね。若者は使っているのでしょうか。

文壇バーにいるせいか日本語に対してもどんどん敏感になっていきます。

いや、もともとライター兼日本語教師なんだから日本語には敏感にはなっていようよ。

 

そんな自分ツッコミもお酒の席ではなんの役にも立ちません。こんな虚無感を文豪たちも感じていたのだろうか、とふと後ろを振り返ると

 

f:id:lalecture:20190517184931j:plain



 

お酒に強い文豪番付がありました。

もし同じ時代に生きていたら、ここで会えた人もいるかもしれません。

 

 

酔いが限界に達したので、早めにお会計。

チャージ料500円プラス飲み物代で、ふたりで2000円くらいでした。

ゴールデン街の他のバーの相場を知らないのですが、かなりおトクな気がする・・・

 

そんなこんなで、平成最後のわたしの誕生日は終わりました。

誕生日に文壇バーへ行ったという記憶は、一生忘れないものとなるでしょう。

 

f:id:lalecture:20190517184845j:plain

 

そしてその1ヶ月後、今度は「月に吠える」さんの読書会に参加することになります。

その話はまた別の記事で。

アイコンを友達に描いてもらったらSNS人生が変化した

自慢ではないんですけど。

わたしの友人にはオタクが多いです。

 

で、これまた自慢ではないんですけど。

わたしの友人は才能豊かな人が多いです。

 

そんな友人のひとりがわたしのツイッターのアイコンを作ってくれました。

ブログにも掲載していいよと言ってもらえたので載せます。

f:id:lalecture:20190516205633p:plain

どうですか。

すごいでしょう?

 

そして、ゆるくて可愛い画像も作ってもらいました。

 

 

f:id:lalecture:20190516211150p:plain

どうですか。

かわいいでしょう?

 

本人の希望で作者の名前は紹介できないのですが、ぜひイラストレーターとしてデビューしてほしいなあと思っています。

 

このアイコンにしてから、わたしのツイッターにも変化が現れました。

以前のわたしの自作のアイコンはこれです。

 

f:id:lalecture:20190503204949j:plain

 

今思えば、このアイコンで時々世間にもの申したり、いち日本語教師、いちライターとして偉そうなツイートをしたりしていました。

 

どんなに偉そうなことを言っても、アイコンはこれです。説得力皆無です。

 

ところが、アイコン変更後、ツイートの内容が非常に説得力のあるものに変化しました。

 

 

 

なんということでしょう。(もはや口癖)

 

アイコンを変えただけで、ツイートする際のわたしの姿勢は伸び、第三者からの視点をひしひしと感じました。

 

文字を入力する指の動きもメリハリがつき実際に自分がこのアイコンのようなキラキラ感をかもし出しているかのような気持ちになります。

 

そしてフォロワーも当日中に2人増えました。

これはアイコン効果としか思えない。

 

みなさん。ツイッターのアイコン、大事です。

描いてくれた友達へ。早くイラストレーターデビューしてください。

 

このブログもアイコンのクオリティは抜群に上がりましたが、記事については、これからもわたしが絵を描き続けます。

 

f:id:lalecture:20190224175150j:plain

f:id:lalecture:20190409210026j:plain

 

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

人生初、文学フリマに行ってみた話

5月6日(祝)に東京流通センターで実施された文学フリマ東京。

生まれて初めて見る買う専門として行き衝撃を受け、

行った当日に次回11月24日(日)は出店者として参加することを決めました。

 

f:id:lalecture:20190507121309j:plain

 

写真家の友だちとコラボして出すよ。

ブース名は「くせのあるひとたち」だよ。ふたりともくせ毛だからね。

 

と、最初に宣伝してしまいましたが、まずは文学フリマとは何ぞやというところから書いていきたいと思います。

 

公式サイトでは、

全国で開催されている文学作品の展示即売会

と説明されている文学フリマ

マチュアの作家さんや文芸サークルだけではなくプロの作家さんや漫画家さん(2019年5月の文学フリマ東京では山崎ナオコーラさん、田中圭一さん、田房栄子さんなど)も出展されているとのことです。

 

これは行く以外の選択肢が思いつかないので、ひとりで行きました。

 

f:id:lalecture:20190507201512j:plain

 

最寄りは東京モノレール流通センター駅

ゴールデンウィーク最終日と重なったので、羽田空港行きの電車の中は人でいっぱいです。

 

f:id:lalecture:20190507201636j:plain

 

会場になっている流通センターのビルの前も人でいっぱいです。これは予想外。

開場時間の11時に着けばすぐに入れるだろうというもくろみははずれました。既にこのとき、会場の前にある階段下まで長蛇の列。

 

それでも案内がスムーズだったおかげで、10分くらいで入場できました。

中に入るとすぐパンフレットと先着1500人限定のバッグがもらえました。限定と聞くとテンション上がりますね。

 

f:id:lalecture:20190507202326j:plain

 

 家に帰ってから撮ったので陰影が出てよりリアルに感じますね。

 

ちなみに会場内も撮ったのですが、思い切り人の顔がうつっていて載せるのを断念しました。モザイク処理とかどうやったらできるん。

 

会場内はプロアマ問わず文学を愛し文学に取り憑かれ文学を生み出す人たちであふれ返っています。

 作品もノンフィクション、エッセイ、評論、小説と多種多様で写真やイラストが掲載されている本もたくさんあります。

 

会場の熱気が上がっていくのと比例してわたしのさいふのひももゆるみました。

当初は買うのは1、2冊くらいかな買うの・・・と思っていたのですが。

 

f:id:lalecture:20190507203050j:plain

 

 5冊買いました。

 

これから絶対にプロになりそうな方とプロの方の著作ばかりです。

 

・田房英子さん(責任編集)『エトセトラ』

・友田とんさん 『パリのガイドブックで東京の町を闊歩する』 

・郷里の娘さん『キャバレー夢物語』、『キャバレーは今も昔も青春のキャンパス』

・亀石みゆきさん『私の感想ノート 〜映画&ドラマ編』

 

いや、もう・・・

最高かよ。

 

文フリ当日から並べては読むのが楽しみでニヤニヤしています。

ニヤニヤしながらハードワークこなしています。

仕事が落ち着いたらツイッターで感想書いてブログでもシェアしていくつもりです。

 

 

それにしても文フリで買った本以外でも読みたい本がたまっていて、「積ん読」解消したくて仕方がない。

 

直後、そんな私にピッタリのイベントが見つかりました。

 

 

最高かよ。

 

そして、参加してきました。

こちらのイベントについては次回の記事で書きます。

やっと書評ブログっぽくなってきた・・・!

 

 

 

 

並ぶのが大嫌いな女が計5時間列に並んだ日の話

記念すべき令和初の一般参賀は14万人が訪れたそうです。わたしも行きました。

自慢ではないのですが、わたしは昭和天皇と同じ誕生日なんです。

母は上皇陛下、祖母は天皇陛下、妹は皇后陛下と同じ誕生日です。こんなに皇族の方々と誕生日が重なるなんてもはや奇跡としか思えないので、いつかマスコミから取材がくるだろうと待ち続けながら令和元年を迎えました。

 

そしてこの一般参賀、9時半に到着したわたしたちは出遅れました。

 

f:id:lalecture:20190504192322j:plain

 

だいぶ進んでから撮った写真ですが、遠くから見えるつぶつぶのようなものはすべて人です。

ここに来るまでに2時間半以上かかっています。正直、始発で来るべきでした。

それからまた人混みの中を進んでいき、

 

f:id:lalecture:20190504193304j:plain

 

午後1時の回に間に合いましたが確保できたのはこの位置です↓

f:id:lalecture:20190504193437j:plain

 

5月とは思えないほどの真夏日和。

炎天下、この位置で45分待ちましたが、陛下のお姿を肉眼で拝見することはできませんでした。

まわりを見るとあまりの暑さに体調を崩し救護されている人も複数います。

 

一般参賀、事前にこういったことに気をつけておくべきだったと思いました。

  1. できるだけ早い時間に来る。(7時とか8時とか、迷惑にならない程度に)
  2. 日焼け止めではなく帽子も用意しておく。(日傘は迷惑になるのでNG)
  3. 水はキンキンに冷えた状態で飲めるようにしておく。

持ってくるといいよ☆と言われていたオペラグラスは、遠すぎて活躍させられませんでした。

 

それでもシアターから皇族の方々のお姿を見て、陛下のお言葉を聞き、ああきて良かったなあ、と実感できた一般参賀でした。

 

混雑をきわめる帰り道、警察官の方が「皆さん、お疲れ様でした!あと少しで出口です!」と言ってくださり、拍手が巻き起こったのも本日のハイライトです。

その警察官の方は24時間勤務の真っ最中とのことでした。

いろいろな方が皇族の方々や訪れた人たちを守るために働いているんだなあ、というのがわかって、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

明日は皆さんゆっくり休めますように。

 

皇居周辺は混雑をきわめていたので、ひと駅となりの三越前駅へ向かいます。

 

レストランは意外にすいていましたが、まだまだ並び足りないわたしたちは、おそらく三越前駅でいちばん混んでいるであろうレストランに向かいました。

※著者は大阪出身なので基本的に並ぶのが大嫌いなのですが今日のテンションはいつもとどこか違っていました。

 

 

並ぶこと2時間、980円の天ぷらめしをいただきます。

 

f:id:lalecture:20190504195607j:plain

 

安いのにボリュームたっぷりでおいしかったです。

 

一般参賀で3時間、レストランに入るのに2時間と、考えるとこの1日で計5時間並びました。

どんなに万歩計の数字が上がっているだろうと期待してアプリを見てみると、

 

f:id:lalecture:20190504200051j:plain

なんだか微妙な数字・・・。

並んでいる間は歩かないので、歩数はそんなに上がらないのだなあ、ということを学びました。

 

 

美術館メシは意外においしいという話

ブログ、もっと更新したいなあ。

もっと頻度をあげたいなあ。ネタはたくさんあるのになあ。

 

そうお悩みの皆さん。

もしかして、絵を描くこととか絵を描くこととか絵を描くことに時間をさきすぎではありませんか?

 

f:id:lalecture:20190503204949j:plain

 

※このブログの持ち主は絵の色ぬりに毎回1時間かかっています。

 

そんな毎日、もうおさらばしましょう。

無駄をはぶき有益なことに時間をつかうのです。

今日からしばらくは写真をのせます。そうだ。そうすればきっとブログの更新も早くなる。

 

というわけでゴールデンウィークネタそのいち。(もうすぐGWおわるけど)

これまでわたしが美術館メシをなめすぎていたという話からしましょう。

 

f:id:lalecture:20190503205443j:plain



見てください。これ。

カレーもとてもおいしかったのですが、注目してほしいのはこのおしぼり。

わたしと友人の分ですが、それぞれ字も絵も手描きなんです。

こんなことプライベートでされたら、一発でおちるでしょう。わたしはおちました。

現場はここです。

 

f:id:lalecture:20190503205729j:plain

 

外国人にも人気のある東京の下町、谷根千

根津駅からもよろしく徒歩5分ほどの竹久夢二美術館・弥生美術館にある夢二カフェ 港やです。

下町らしい雰囲気の店員さんが出迎えてくれるレストラン。意外に知られていないようで人も少なくのんびりできました。

 

夢二カフェ 港や

食べログ 夢二カフェ 港や

 

お次は清澄白河駅から歩いて15分のところにあるこの美術館がリニューアルオープンしたので行ってきました。

 

f:id:lalecture:20190503210159j:plain

f:id:lalecture:20190503210309j:plain

 

東京都現代美術館

実はご近所さんで毎日前を通ってはいたのですが、ずっと工事中でやっとリニューアルしました。

f:id:lalecture:20190503210440j:plain

 

まず行ってみたのは地下にある「100本のスプーン」

あとで調べたところによると、ここは客みずから作品を描いたり自分自身が作品になったりできるそうなのですが、そんなこと知らないままむさぼり食べてました。

 

わたしが食べたのは限定20食のラザニアです。

さっぱりしていて、食べやすい。量は女性向けらしくすくなめです。

店員さんの接客スキルもバッチリでした。美術館に用がないときでも行きたくなるお店です。

 

 

 

f:id:lalecture:20190503211338j:plain

 

同じ現代美術館の名前そのままやん、のカフェ。

「鯖サンドたべたーい♡」という女性たちの声をよそに、しっかりと糖質オンしてきました。

 

なんかアイスにパンがささってるやつ。(アバウト)

あとで調べなおしたら「デニッシュが突き刺さったソフトクリーム」でした。

これもそのままやんか!!

 

f:id:lalecture:20190503211413j:plain

 

デニッシュもソフトクリームも食べられるのがとてもオシャンティー(死語)

 

そしておいしいんです、このどれもこれもが。

美術館に行っても「どうせ美術館メシは高いだけでおいしくないんやろ、けっ」となめてたわたし、人生損しすぎです。

 

そんなに高くなくてもおいしい。

それが最近の美術館メシのようです。

 

美術館に入らなくても食べられるので、どうぞ皆さんもお試しあれ。

東京都現代美術館のレストランとカフェはまだ検索してもリンクがヒットしないほど新しいです。

 

あと現代美術館には「美術図書室」というのもありました。これも今度長居しに行こうと思います。

 

リニューアルオープンして近所で気軽に立ち寄れる楽しい場所が増えたなあ。うへへ。

まあ、来月引っ越すんですけど・・・

 

だれか練馬区の美術館メシ教えてください。

【イベント本番編】下北沢で作家 山田詠美さんの朗読を聴きに行った話

いよいよ「吉野弘志プレゼンツvol.14 朗読とジャズの下北ジャンクション」本番です。

 

山田詠美さん、奥泉光さん、村田沙耶香さん、バーに入られました。バー内は人でいっぱい、どころか既にすべてのお客さんにテーブルとカウンターを用意できない状態になっています。

 

 

f:id:lalecture:20190421210214j:plain

 

 

それでもなんとかお客さん全員にドリンクがいき渡り、1曲、ジャズソングが演奏されました。

ジャズなんてオトナだなあーまあわたしもオトナになってから10年以上経ってるけど!と心の中でぐだ巻きながらシャンパンを飲んでいたら酔っ払いました。

 

というわけで、

この後の記憶は全て酔っ払ってからのものです。

ご了承ください。

 

ジャズ演奏をバッグにいよいよ朗読がはじまります。

まずは山田詠美さんから佐野洋子『100万回生きた猫』のオマージュ小説集『100万分の1回のねこ』が紹介されました。

 

 

今は亡き佐野洋子さんの淡い恋物語を語った後(かわいい方だったんだなあ)、詠美さんが小説集に寄せた一編『100万回殺したいハニー、スウィートダーリン』を披露します。

 

主人公はホステス。ホストをやっているDV男との恋物語が、詠美さんの小説らしい甘くてアンニュイな雰囲気に彩られ展開していきます。

 

まったく佐野洋子さんの作品とは関係のない物語のように見えて、序盤とラスト、『100万回生きたねこ』と結びついていくくだりが「さすが詠美さんだぜ」とファン心をくすぐります。

ファンを名乗っているのにこの小説は未読だったので改めてしらふのときに読んでみたいなあ。

 

そして奥泉光さん。

「次のゲスト村田さんがこわい小説を読むはずなので軽快な小説を」と前置きをして観客の笑いを誘いながら、軽快なタッチでご自分の小説を読み始めます。

 

物語の盛り上がりと同時にジャズのトーンも上がり、奥泉光さんはフルートを奏でられました。

これまた恥ずかしながら奥泉さんの小説を読んだことがないのですが、奥泉さんは作家だけではなくて音楽家の才能もお持ちのようです。

そして奥泉さんが読まれた小説のタイトルなのですが。

酔っ払って失念しました。

 

 この記事、いちおうイベントのレポなのに・・・覚えている方、誰かツイッターのDMとかで教えてください(人まかせ)

 

その後、休憩をはさみ、今回のゲスト村田沙耶香さんの朗読スタートです。

読み始めからテンションが上がりました。どろどろとした血にまみれながらも深みを感じさせる内容。

これは・・・

まぎれもない『殺人出産』のラストシーンです!!

 

f:id:lalecture:20190423115650j:plain

 

 

私は村田さんの代表作は『殺人出産』だと思っています。

ナイスセレクト、村田さん。

 

最後はジャズ演奏と、詠美さん、奥泉さん、村田さんの朗読セッションです。これがとても新鮮な試みで、うっとりと聞き惚れてしまいました。

 

まず村田さんが読み始め、バッグでジャズが奏でられ、村田さんの声に重なるように詠美さんが朗読しはじめ、やがて奥泉さんの朗読もそこに加わり・・・

 

書いているうちに意味不明になってきましたが、有名作家の朗読三重奏✖️ジャズ演奏がゴージャスでした。

 

最後に奥泉さんがフルートを吹き始め、そのテンションの高まりと共にわたしの酔いも最高潮。水の摂取量が増えてきました。

 

終わった後も拍手は鳴り止まず、アンコールの朗読がはじまります。ここでもまた村田さんはわたしが歓喜する短編を二つ選びました。

 

同じ『殺人出産』の文庫本に収録されている『トリプル』と『余命』。そこからのワンシーンを読まれたんですが、酔っ払いの脳裏にも鮮明に焼き付けられるほど印象的なものばかりでした。

 

殺人出産 (講談社文庫)

殺人出産 (講談社文庫)

 

 

『トリプル』は3人で恋人になる、という新しい恋愛の形が生まれた世界の物語。主人公たち3人のキスシーンが、村田沙耶香さんの透き通った声で語られます。

 

『余命』は医療が発達し「死に方」を自分で選べるようになった時代の物語。主人公が自分の「死に方」を選び、世間ではどのような「死に方」が流行しているのかが明かされるシーンが選ばれました。

 

「ああ、これこれ!好きだった!」とわたしは絶え間なく水を飲みながらうなずきっぱなしです。

 

どの物語を朗読するか選ぶセンスも、作家の才能のうちなのかな、と。そんなことを観客に感じさせながら「朗読のジャズと下北ジャンクション」は終わりました。

 

定期的にしているイベントだそうです。下北、素晴らしすぎるやろ。

 

そして、観客の方とツイッターで知り合うという嬉しい出来事もその後あり、嬉しい情報もいただきました。

詠美さん、今月新刊が出るそうです。

 

 

つみびと (単行本)

つみびと (単行本)

 

 

早速アマゾンで予約したよ・・・!

新刊が出るということは、もしかして、

サイン会もまたあるのでは?

近いうちにまたお会いできるのでは?

 

もはやこのブログの趣旨が読書ではなくただのミーハーブログになる日も近いと思われます。

わかりお ポートフォリオ(これまでの執筆記事)

 

企画、取材、執筆すべてこなすフリーライター

 

 <ライター経歴>

 

フリーマガジン『月刊留学生』、WEB「女性の美学」、某住宅会社の紹介ページなど、紙媒体、WEB媒体問わず経験多数。

現在は平均月30本の記事(取材記事含む)を担当している。

得意分野は取材全般、書籍、教育、観光(スポット紹介)、教育

最近はIT系の記事や美容記事にもチャレンジしている。

 

<得意分野(ポートフォリオ)>

 

・取材全般

 

韓国文化院 院長インタビュー

「生まれ変わった韓国文化院」

 
ハリウッド大学院大学 教授・助教授インタビュー
ハリウッド大学院大学の魅力とは?」
 
行政書士 インタビュー
「日本で行政書士として活躍中の元留学生」

 

ワールドネイバーズ清澄白河 住人インタビュー

https://www.social-apartment.com/lifestyle/detail/fromneighbors02

 

他多数 

 

・エッセイ

 

「本屋 本と羊」寄稿文 『トレードマークとしての本屋』

https://note.mu/hontohitsuji/n/n1642446e8bab

 

・書籍紹介

 

f:id:lalecture:20190329130850p:plain

 

f:id:lalecture:20190329131007p:plain

 
  
 

 ・在留外国人

・教育

 

 

f:id:lalecture:20190329131822p:plain

 

 

 

・スポット紹介

 

f:id:lalecture:20190329132046p:plainf:id:lalecture:20190329131643p:plain

 

f:id:lalecture:20190329132056p:plain

 

 

<出典> 

・フリーマガジン『月刊留学生』(株式会社 大悟発行)

・SOCIAL APARTMENT 公式サイト

 

※WEBサイトの記事は著作権等の関係でこちらには載せられないものもありますので、ご覧になりたい方はDMにてご連絡ください。

 

最近はオモシロ系体験談などもブログで書いています。

 

www.wakariowriter.work

  

 

ツイッターのDMなどから、記事の執筆依頼受け付けております。

 Twitter ⇨ わかりお @momojaponaise

 このアイコンが目印です。

(友達が描いてくれました)

 

 ※これからも随時ポートフォリオを追加していきます。

 

<その他経歴>

 

大阪生まれ大阪育ち。

 

大学卒業後、家電メーカーで役員秘書として勤務した後、上京し、日本語教師の資格をとる。

以前はご当地アイドル、イベントコンパニオン、ナレーター/MCもしていたため、アイドル業界やイベント業界にも詳しい。

 

現在はライター業のかたわら、日本語学校で外国人留学生に日本語を教えている。

趣味は旅行、東京散策、読書。