映画と本と

フリーライターの若林理央です。ダ・ヴィンチニュースや好書好日で執筆中。小説や映画について語るブログです。エッセイ→note.mu/wakario Twitter→https://twitter.com/momojaponaise

映画

堕落する兄、やさしすぎる弟が招いた家族の悲劇『若者のすべて』(1960)

ヴィスコンティの名作映画『若者のすべて』5人兄弟とその母、誰がいちばんクズだったのか検証してみました。2年後には出演俳優同士が結婚し実生活はハッピーエンドだったようです。

映画は時代を映し出す鏡?-洋画5本を考察ー

19世紀半ばから戦前までを舞台にした洋画5本。同じ年に起きた歴史上の出来事を振り返りつつどのように時代を映し出しているのか考証してみました。取り上げたのは『婚約者の恋人』『白いリボン』『テス』『ピアノ・レッスン』『マンディンゴ』です。

名作スリラーをあえてコメディとして楽しんでみるー映画『死刑台のエレベーター』(1958)-

フランスの巨匠ルイ・マル監督26歳のときの名作スリラー映画。映画評論やレビューは既にたくさんあるので、あえてコメディとして楽しんでみる方法を解説しました。

この13年後にはナチスに支配されるという事実ー映画『婚約者の友人』ー

1915年、第一次世界大戦直後の独仏を舞台にした『婚約者の恋人』(2016年、フランス)の映画評です。当時の時代背景を振り返りながら、フランス人がこの映画をどう捉えたのかについても調べてみました。