ものを書く日々

企画から取材、執筆までやるライターわかりお。このブログでは書評中心に書いていきます。

『ささみみささめ』長野まゆみ

思えば、長野まゆみさんの本を読むのは15年ぶりぐらいだった。

イラストも描ける作家さん、というイメージが私の中で残っていた。

 

 

ささみみささめ (単行本)

ささみみささめ (単行本)

 

 

この短編集は、ショートショートと言ってもいいくらい短い小説が連なっている。

日当たりのいい場所でぼんやりしていたら、気づいたら全く想像していなかった場所にいた。

この短編集を一言で言うなら、そんな感じ。

どの小説もラストが予想できなかった。

 

ホラーが好きなら『名刺をください』

ミステリーが好きなら『もう、うんざりだ』と『一生のお願い』がおすすめ。

ラストはどんでん返しなんだろうけど、解釈が難しかったので、読んだ人がいたら、感想を教えていただきたい。

(あとでブックメーターでも探してみよう)

 

泣きたい時は『ドシラソファミレド』

他はラストでびっくり、というものが多いが、これだけなんだか風味が違う。

遠くに住んでいる親のことを思い出してしまった。

 

個人的に好きなのは、『あなたにあげる』、『スモモモモモ』、『春をいただきます!』

三つとも全く違うラストを迎えるが、そこに至るまでの物語が切なくて読み応えがあり、何度でも読み返したくなる。

 

他にもそうなるか、とびっくりする結末を迎える短編ばかり。

目次を見ていると、どのタイトルも秀逸で、読みたいけどページがめくる体力がない、というときは(そんな時あるんかい)まずタイトルを見てほしい。

次は?次は?とどんどんページをめくれてしまう。

短編自体も、後半になるにつれて、面白さが増していった。

 

ところで、「午後」の後の字を「后」と書くのは、長野まゆみさんならではなのかな。

慣用句もよく出てきて、日本語教師としては頭の体操にもなった。