ものを書く日々

企画から取材、執筆までやるライターわかりお。このブログでは書評中心に書いていきます。

『私が食べた本』村田沙耶香

ブログを始めて一週間。

ここまで感想を書いた本は、この本から情報を得たものが多い。

好きな作家さんの好きな本って、当たりの確率が高いんよね。

 

 

私が食べた本

私が食べた本

 

 

読書する行為を「本を食べる」と表現していることからもわかるが、

この本では、著者ならではの感覚を言葉に変えて、色々な本が紹介されている。

 

私が読んだことのある本もあって、自分との読み方の違いを発見。

これがけっこう楽しい。

 

例えば、山田詠美さんの小説。

 

 

賢者の愛 (中公文庫)

賢者の愛 (中公文庫)

 

 

 

詠美さんの小説のくだりでは、まさに村田さんから詠美さんへのファンレターだった・・・!(主観)

 

前半は他の作家さんの本の感想、後半はエッセイのような形で村田さんが書かれた小説も登場。

山田詠美さんの小説を持ち歩いていたり、子供の時明朝体の文字を真似て書いていたりと、個人的な共通点を見つけることもできて嬉しかった。

 

村田沙耶香さんはエッセイも面白いのだが、その魅力が後半になって炸裂。

ああ、それ、あるある、って思わせるところと、

いや、それはないかも・・・って思わせるところのバランス感覚が、本当にうまい。

 

新しく読みたい本を思うぞんぶんメモしてから、本を閉じたのでした。