ものを書く日々

企画から取材、執筆までやるライターわかりお。このブログでは書評中心に書いていきます。

『ダーリンは71歳』西原理恵子

西原理恵子さんは、社会に巣食う黒い部分や、

日常で時折頭をのぞかせる異質なものを

読者が笑えるように味付けして描く。

他に例を見ないジャンルをどんどんと開拓する天才である。

 

ダーリンは71歳 (コミックス単行本)

ダーリンは71歳 (コミックス単行本)

 

 

最後までストップせずに読んだ。

 

想像を超えていた。

こんな恋愛、見たことがない。

 

西原さんと高須クリニックの高須院長がつきあっていることは知っていたが

2人でこんな非日常を作り出していたなんて。

赤裸々に、サイバラ流ユーモアたっぷりに描かれる2人の非日常は、

非日常的なのに生々しくて、笑えて、切なくなる。

 

2人の恋愛が知られるようになったきっかけも、この本では描かれている。

有名人の恋愛がスクープされて週刊誌に載るまでの裏事情が明らかにされていて面白い。

 

51歳と71歳の恋愛、という言葉からイメージされるものをすべて飛び越えた感じ。

 

サイバラさんの描くものは、ほんとうにはずれがないなあ。