ものを書く日々

ライターの若林理央(わかりお)です。書評・イベントレポ・スポット案内のブログ。エッセイ・コラムはnoteで更新中→note.mu/wakario

美術館メシは意外においしいという話

ブログ、もっと更新したいなあ。

もっと頻度をあげたいなあ。ネタはたくさんあるのになあ。

 

そうお悩みの皆さん。

もしかして、絵を描くこととか絵を描くこととか絵を描くことに時間をさきすぎではありませんか?

 

f:id:lalecture:20190503204949j:plain

 

※このブログの持ち主は絵の色ぬりに毎回1時間かかっています。

 

そんな毎日、もうおさらばしましょう。

無駄をはぶき有益なことに時間をつかうのです。

今日からしばらくは写真をのせます。そうだ。そうすればきっとブログの更新も早くなる。

 

というわけでゴールデンウィークネタそのいち。(もうすぐGWおわるけど)

これまでわたしが美術館メシをなめすぎていたという話からしましょう。

 

f:id:lalecture:20190503205443j:plain



見てください。これ。

カレーもとてもおいしかったのですが、注目してほしいのはこのおしぼり。

わたしと友人の分ですが、それぞれ字も絵も手描きなんです。

こんなことプライベートでされたら、一発でおちるでしょう。わたしはおちました。

現場はここです。

 

f:id:lalecture:20190503205729j:plain

 

外国人にも人気のある東京の下町、谷根千

根津駅からもよろしく徒歩5分ほどの竹久夢二美術館・弥生美術館にある夢二カフェ 港やです。

下町らしい雰囲気の店員さんが出迎えてくれるレストラン。意外に知られていないようで人も少なくのんびりできました。

 

夢二カフェ 港や

食べログ 夢二カフェ 港や

 

お次は清澄白河駅から歩いて15分のところにあるこの美術館がリニューアルオープンしたので行ってきました。

 

f:id:lalecture:20190503210159j:plain

f:id:lalecture:20190503210309j:plain

 

東京都現代美術館

実はご近所さんで毎日前を通ってはいたのですが、ずっと工事中でやっとリニューアルしました。

f:id:lalecture:20190503210440j:plain

 

まず行ってみたのは地下にある「100本のスプーン」

あとで調べたところによると、ここは客みずから作品を描いたり自分自身が作品になったりできるそうなのですが、そんなこと知らないままむさぼり食べてました。

 

わたしが食べたのは限定20食のラザニアです。

さっぱりしていて、食べやすい。量は女性向けらしくすくなめです。

店員さんの接客スキルもバッチリでした。美術館に用がないときでも行きたくなるお店です。

 

 

 

f:id:lalecture:20190503211338j:plain

 

同じ現代美術館の名前そのままやん、のカフェ。

「鯖サンドたべたーい♡」という女性たちの声をよそに、しっかりと糖質オンしてきました。

 

なんかアイスにパンがささってるやつ。(アバウト)

あとで調べなおしたら「デニッシュが突き刺さったソフトクリーム」でした。

これもそのままやんか!!

 

f:id:lalecture:20190503211413j:plain

 

デニッシュもソフトクリームも食べられるのがとてもオシャンティー(死語)

 

そしておいしいんです、このどれもこれもが。

美術館に行っても「どうせ美術館メシは高いだけでおいしくないんやろ、けっ」となめてたわたし、人生損しすぎです。

 

そんなに高くなくてもおいしい。

それが最近の美術館メシのようです。

 

美術館に入らなくても食べられるので、どうぞ皆さんもお試しあれ。

東京都現代美術館のレストランとカフェはまだ検索してもリンクがヒットしないほど新しいです。

 

あと現代美術館には「美術図書室」というのもありました。これも今度長居しに行こうと思います。

 

リニューアルオープンして近所で気軽に立ち寄れる楽しい場所が増えたなあ。うへへ。

まあ、来月引っ越すんですけど・・・

 

だれか練馬区の美術館メシ教えてください。