ものを書く日々

ライターの若林理央(わかりお)です。書評・イベントレポ・スポット案内のブログ。エッセイ・コラムはnoteで更新中→note.mu/wakario

【大人向け】4時間あれば満喫できるムーミンバレーパーク

 

f:id:lalecture:20190728101114j:image

 ▲入場前から気分を盛り上げてくれる小道

 

少し前までは、混雑でアトラクションの整理券も早く行かないと手に入れ入らないと言われていたムーミンバレーパーク。

 

夏休み中にもかかわらず、金曜日の開園後すぐに行ったら人も少なく、満喫できました。

滞在したのは数時間だけ。

平日の開園直後に入園したのが良かったようです。

 

短時間でのムーミンパークの過ごし方をレポしてみます。

 

まずはいちばん人気と名高いムーミン屋敷。入園後すぐに向かいました。

 

f:id:lalecture:20190727181711j:image

 

9時15分頃に着きましたが、9時30分の回のチケットをゲット。

 

9時半ちょうどに2グループに分かれ、みんなで「旅人さん」になり、ガイドさんの案内のもとムーミン屋敷の地下から3階までを回ります。

 

f:id:lalecture:20190727214827j:image

 

途中で「いたずらな旅人さんはいますか〜♪」と言われたので、迷わず挙手!

 

時計のネジを回すと、ふしぎなことがおこりました。

 ネタバレになるので避けますが、ムーミン屋敷では不思議なことがたくさん起こります。

 

 

f:id:lalecture:20190727215054j:image

 

f:id:lalecture:20190727215114j:image

ムーミンの祖先

 

 

ムーミンのパパママの部屋や、リトルミイの部屋、それぞれ特徴があってとてもかわいいので、ここは間違いなく撮影スポットです!

 

f:id:lalecture:20190728101144j:image

 

f:id:lalecture:20190728101323j:image

 

ムーミン屋敷を出ると、時刻は10時。

朝食がわりにまったりとお茶しました。

 

f:id:lalecture:20190727220309j:image

 

ショップと併設されているカフェでフィンランド人が冬に食べるというお菓子も提供されました。

 

ショップではフィンランドの工房で作られたムーミンのお皿やコップが販売されています。

ムーミンフィンランドはやっぱり切っても切り離せないものなんやなーと思いながらコップを購入。

 

f:id:lalecture:20190728100321j:image

▲割れにくい素材でできています。

 

この時点で10時半頃、まだまだ人は少ないです。

 

隣のお店で缶バッジ作りのワークショップに参加。待ち時間なしでできました。

 

f:id:lalecture:20190728100245j:image

▲これがだいたい5分程度で完成します。40種類程度(季節限定含む)から選べて、金額も500円と安い。

 

同じ建物内では、著者の人生を知ることができるシアターやムーミンの世界を味わえる展示があります。

 

暑い日だったので、屋内で楽しめるのはかなり嬉しい。

 

f:id:lalecture:20190728085826j:image


f:id:lalecture:20190728085824j:image

 

f:id:lalecture:20190728100608j:image

 

いまさらだけど、

ムーミンって深い話なんですね…

キャラクターとしてのムーミンではなく、物語としてのムーミンに触れることができました。

スナフキンが示す孤独の寂しさと、一人でいることの自由さ。

ムーミンママの持つバッグが表現する、生きていくときに持ち歩いておきたいもの。

いろいろな新しい発見や、新しいキャラクターとの出会いがありました。

 

建物の1階にはランチができる店もあります。

時刻は11時半。人がだんだんと増え始めています。

 

(ランチの写真撮り忘れた)

 

名前はムーミン谷の食堂です。

12時過ぎに食べ終えると、既に列ができていて、整理券が配布されていました。

 

 

外に出てみても、この時間帯から混み始めている印象です。

ムーミンやリトルミィ、スナフキンの出るステージショーもやっていて、夏休みということもあり子ども連れが目立ちました。

 

f:id:lalecture:20190728100637j:image

 

他にもジップラインや海のオーケストラ号、リトルミイのプレイスポットなど、有料アトラクションがありましたが、どのアトラクションも、平日午後、人が増える時間になっても待ち時間がほとんどないようです。

 

ムーミン屋敷以外は子ども向けが多いかな、という印象だったので今回は行かず、園内をぐるっと回りました。

スペースは意外に広く、これから新しいアトラクションができるのかな?という印象です。

 

外に出たのは、1時頃。

入場から4時間しか経っていません。

 

最後にムーミンバレーパークを訪れる際の3つのポイントにをまとめてみます。

 

・平日はお盆や年末年始など大勢の人が休みになる時期さえはずせばそんなには混まない

・特に入場者がまだ少ない9時〜11時半頃に動き回るのがおすすめ

・大人だけなら炎天下にいなくても楽しめる

 

 

近くにはプラネタリウムや雑貨やアイスクリームが売っているショッピングモール、ワークショップができる工房やそこに併設されたスタバなどもありました。

 

暑くても、終日時間をかけなくても臆せず行けるテーマパークという点では、TDLを上回っているかも知れません。

 

個人的には大人向けテーマパークだと感じたので、興味を持った方はぜひ一度訪れてみてください!

 

ところで、ムーミンバレーパークにいた時間と5月に一般参賀と人気店の列に並んでいた時間を比較したら5月のこの日のほうが長かったです。

詳しくはこの記事からどうぞ↓

 

www.wakariowriter.work

 

やっぱり行く時期と時間を見極めるのが大事ですね…